【マイクラ】古代遺跡を建造する簡単な方法!! #24

 

ようこそ〜。あいいろのマイクラ生活へ!!

f:id:AiiRo:20210107141305j:image

 

 このブログは、あいいろがマイクラを縛りプレイし、簡単な建築方法を紹介するものです。

 とりあえずのストーリー形式ですので、ここは#24! ここからの方も、#1からの方も楽しんでいってねっ。

 

 

あいいろのマイクラ生活!!縛り内容

Minecraftの構造物を破壊して、手に入れた資源だけで建築をする。
Minecraftの構造物を全て、確認する。

 

 

前回のあらすじ

 霊魂宿る沈没船を手中に収め、新たな魂を宿した舟(ノアの方舟)を完成させた。

 しかし。宿した魂は竜(ファフニール)の魂であり、首と尾を解放させてしまう。方舟は竜(ファフニール)そのものへと変貌してしまった。

 あいいろは、舟を制御することはできず、大海へと身を落としてしまう。己が沈没せんとした時、眼前に現れた構造物に、あいいろは新たな活路を見出そうとしていた。

 

 

海の底で眠る遺跡に訪れる気はない?

f:id:AiiRo:20210107141408p:image

 

 ムー大陸? アトランティス? あなたは世紀の大発見をしてしまった? 

 心躍る最中に申し訳ない。世紀の大発見ではありません。この海底遺跡はその辺りに、ごろごろと転がっています。目新しいものではございません。

 しかし、構造物であることに間違いはありません。中に入り、探索すると宝箱が入ってたり、入ってなかったり...役に立つアイテムが欲しいなら、この海底遺跡に訪れてみてはいかが?

 

 というわけで、今回は海底遺跡をたくさんぶっ壊して、大きな古代遺跡を作り上げたいと思います。

 さあ、ぶっ壊していきましょう!!

 

 

海底遺跡はたくさん! 形も大きさも様々!


f:id:AiiRo:20210107141554j:image

f:id:AiiRo:20210107141625j:image

f:id:AiiRo:20210107141620j:image

f:id:AiiRo:20210107141550j:image

f:id:AiiRo:20210107141627j:image

f:id:AiiRo:20210107141606j:image

 

 上記画像のように、定められた形ではありません。大きいものもあれば、小さいものもあります。原形のないものもあれば、遺跡らしさを出すものもあります。

 これらを、どんどん壊していくわけです。

 


f:id:AiiRo:20210107141459j:image

f:id:AiiRo:20210107141603j:image

f:id:AiiRo:20210107141456j:image

f:id:AiiRo:20210107142118j:image

 

 このようにねっ! 

 ぶっ壊しまくりました。画像の2倍、いや3倍ほどぶっ壊しました。

 


f:id:AiiRo:20210107142455j:image

f:id:AiiRo:20210107142459j:image

 

 集めた資源は以上です。

 ※右の資源は、建築の途中で資源が足りなくなったので、再度集めたものです。

 

 元々ある構造物から、得た資源だけで、古代遺跡をつくりあげることはできるのか? 

 

 

古代遺跡をつくっていこう!!

f:id:AiiRo:20210107142420j:image

 

 つくっていく古代遺跡のイメージはこんな感じです。

 ピラミッド型の遺跡です。ラピュタのような苔むした古代遺跡をつくっていきます。

 乞うご期待!!

 

 

はいとりあえず整地

f:id:AiiRo:20210107142634j:image

 

 ここは風車小屋牧場の間にある森の奥地です。仮拠点であるテントを張った森と、同じ森です。

 その森を、まず整地します。森林破壊ですね。よろしくない!

 

 

使用するブロックはこんな感じ

f:id:AiiRo:20210107143313j:image

 

 左から、石レンガ苔石レンガひび割れた石レンガ模様入りの石レンガです。

 苔石レンガだけでも、雰囲気は出るので面倒な方は苔石レンガだけでもおっけい!

 ※私の場合は、苔石レンガだけでは圧倒的に足らなかったので、4つのブロックを使用したわけです。

 

 

1段目をつくる

f:id:AiiRo:20210107142734j:image

 

 32×32マスの大きな枠組みをつくります。ここから、ピラミッド状にしていきます。

 

f:id:AiiRo:20210107142610j:image

 

 つくった枠組みから、2マス高くします。

 合計で高さ3マス

 どの段も高さは3マスです。

 

 

2段目をつくる

f:id:AiiRo:20210107180812j:image

f:id:AiiRo:20210107180807j:image

※私の場合、資源が足りないので骨組みを壊しています。作ろうと思っている方は、そんな面倒なことはしなくてよいぞっ。

 

 左の画像は、骨組みです。

 1段目の1マス内側から2段目をつくっていきます。高さは3マス

 1マスであるのは、遺跡の外側の道を作るためです。

 【↓】似たようなことが続くよっ。

 

 

3段目をつくる

f:id:AiiRo:20210107180950j:image

f:id:AiiRo:20210107180945j:image

 

 2段目と同様です。1マス内側で高さ3マスです。

 

 

4段目をつくる

f:id:AiiRo:20210107181116j:image

f:id:AiiRo:20210107181120j:image

 

 2段目と一緒。1マス内側、高さ3マス。

 

 

5段目をつくる

f:id:AiiRo:20210107181152j:image

f:id:AiiRo:20210107181149j:image

 

 おんなじですよぉ。

 

 

6段目をつくる

f:id:AiiRo:20210107181227j:image

f:id:AiiRo:20210107181231j:image

 

 ここも、一緒!!

 

 

7段目をつくる

f:id:AiiRo:20210107142631j:image

f:id:AiiRo:20210107142617j:image

 

 おんなじ!!

 

 

最上階は違うよ!

f:id:AiiRo:20210107143131j:image
f:id:AiiRo:20210107143149j:image

 

 最上階は違います! 4×4マスの角高さ3マスの柱を立てます。

 ここは、のちに祭壇となります。とりあえず置いておきます。

 

 

階段をつくろう

f:id:AiiRo:20210107143135j:image

 

 祭壇中心の2マスと合うように、階段をつくっていきます。

 上記画像のように、壁の前側に横2マス高さ2マスと置いていきます。


f:id:AiiRo:20210107143159j:image

 

 階段ブロックを置いていくのですが、上記画像のように適当に置いてみてください。

 横に向かせたり置かないようにしてみたり...どうです? 古代感が増しましたか?


f:id:AiiRo:20210107143124j:image

 

 階段をつくると、言ったものの。利便の悪い階段です。階段ではなく、1マスずつ上がっていっているだけです。

 しかし、ここが重要なポイントです。綺麗にしていると、古代感が出ないんです(古代感ってなんだ)。


f:id:AiiRo:20210107143138j:image

 

 次に、階段横の装飾です。こちらは苔丸石ブロックを使いました。

 階段同様に、適当に置くことがコツです。

 

 

壁の装飾

f:id:AiiRo:20210107143146j:plain

 

 城の壁のようなものをイメージして、1マス間隔ハーフブロックを置いていきます。

 4角には、シーランタンなどの、別ブロックを使うといい感じです。


f:id:AiiRo:20210107143127j:image

 

 壁が偶数マスなので、綺麗にハーフブロックを置けません。真ん中2マスに、磨かれた花崗岩を置きます。

 

 

入り口を作ろう

f:id:AiiRo:20210107143152j:plain


 

 入り口といっても、綺麗に作っては雰囲気はぶち壊し。

 左右のどちらかの階段を壊して、ぎりぎり入れるスペースをつくり、それを入り口としましょう。

 

f:id:AiiRo:20210107143143j:plain

 

 外側から、中が見えないように。内側からブロックを置いて中が見えないようにしましょう。

 

 

祭壇をつくる

f:id:AiiRo:20210107143155j:plain

 

 上はこんな感じです。階段ブロックを間に使用します。

 真ん中を模様入り石レンガで、高くすればおっけいです。

 

f:id:AiiRo:20210107143222j:image

 

 祭壇の床は、紫色の彩釉テラコッタを使用しました。たまたま手に入れたので、使います。

 彩釉テラコッタは、模様がきめ細かく入っているので、祭壇などの床にぴったり! 彩釉テラコッタの種類はたくさんあるので、お好みで!

 


f:id:AiiRo:20210107143225j:image

f:id:AiiRo:20210107143219j:image

 

 祭壇の中に、チェストを置くとなにか不思議なものが入っているような気がしてきます。

 あえて、なにも置かなくてもいいかもしれません。

 

f:id:AiiRo:20210107183715j:image

 

 祭壇はこんな感じになりました。


f:id:AiiRo:20210107143919j:image

 

 

 ほとんどの資源を使い果たし、これだけ残して─────

 

 
f:id:AiiRo:20210107143915j:image

 

 

 ─────完成です!! 森の奥地にある古代遺跡です!!

 

 


f:id:AiiRo:20210107143925j:image

 

 別アングルだと、こんな感じです。

 どうです? 良い感じでしょう? 

 

 

まとめ

 潜ればすぐに、転がっている海底遺跡を見つけることができます。

 海底遺跡から得た資源だけを使用し、何段にも重ねるという単純作業で、こんなに良い感じの古代遺跡ができるのです。

 とっても簡単です!

 良いじゃん! と思いましたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 ムダに大きいので、倉庫にしてやります。プレイ時間を重ねると、資源が大量になるので、倉庫は必須ですね。

 

 あっ。中は真っ暗でモンスターの巣窟だお。