【マイクラ】雪の村を壊して雪国の家を作る方法!! #32

 

ようこそぉあいいろのマイクラ生活へ!!

f:id:AiiRo:20210127132630j:image

 

 このブログでは、あいいろがマイクラを縛りプレイし出来上がった建築物をみなさんに紹介するものです。

 ストーリー形式ですので、ここは#32です。ここからの方も、#1からの方も楽しんでいってくださいね!

 

 

あいいろのマイクラ生活!!縛り内容

Minecraftの構造物を破壊して、手に入れた資源だけで建築をする。
Minecraftの構造物を全て、確認する。

 

 

 

 

前回のあらすじ

 ピグリン要塞を和風の城へと変えたあいいろ。和風の城をつくっていく過程で、あいいろは和の心を意識するようになる。

 和。東国の伝統文化を重んじることで、和風の城を完成させることができたと、あいいろは思う。

 しかし、あいいろは満足していない。まだ、和というものについて理解できていない。和の勉強をしようと決意し、雪の村へと急ぐのであった。

 

 

異彩を放つ、村の中でも地域色の強い雪の村です。

f:id:AiiRo:20210127133654j:image

 

 急勾配の屋根が特徴的な木材の家や、でできたかまくらなどがある村。地域色の強い、雪の村です。

 村人の服装も、寒い環境に耐えられるように厚着になっていたりと、雪の村にいけば、雪の生活様式を楽しむことができます。

 冬や雪が好きな方は、雪の村まで目指してここを拠点にするのも良いかもしれませんね。

 

f:id:AiiRo:20210127134056j:image

 

 雪が降ると、木の葉にも雪が積もります。雰囲気が◎。おしゃれですね。

 メリークリスマス感! 時期外れか(笑)。

 

 

恒例の破壊活動です。雪の村をぶっ壊します!

f:id:AiiRo:20210127133654j:image

 

 では、先程に紹介した村を破壊していきます。


f:id:AiiRo:20210127134311j:image

 

 ほいっ! きれいになりましたね。

 


f:id:AiiRo:20210127134422j:image

f:id:AiiRo:20210127134419j:image

 

 獲得した資源は以上です! 雪や氷が手に入るのも、ここだけですね。

 では、作っていこう!

 

 

今回は合掌造りを作ります!

f:id:AiiRo:20210127134853j:image

 

 合掌造りとは、日本の建築様式の1つです。急勾配の屋根が特徴的で、雪を落とすために、このような構造になっているわけです。

 岐阜県白川郷というところで、合掌造りの集落を目にすることができます。

 子供の頃に行ったことがあるのですが、その時はよく分からず、つまらない場所だと思っていました。しかし、大人になった今なら、この伝統ある建築様式や、そこでの生活様式を楽しむことができることでしょう。なんとも言えないけどね!

 

 閑話休題。というわけで、今回は合掌造りを作っていきます!! 参考にしたい方は、資源を片手に、閲覧ください。

 

 

土台を作る

f:id:AiiRo:20210127135419j:image

 

 村の跡地に、建てていきます。軽めでいいので、整地をしましょう。


f:id:AiiRo:20210127135416j:image

 

 樹皮を剥いだトウヒの木土台にしていきます。21×25マスです。原木でも良いですが、私はを使っておりますよ。

 

 

骨組みを作る

f:id:AiiRo:20210127135654j:image

※突然の寒波で見づらくなっております。お気を付けください。

 

 骨組みを作っていきます。

 角の柱は、土台の縦横2マス開けた所が角になります。

 柱と柱の間は、3マス開けます。

 柱の高さは、4マスです。


f:id:AiiRo:20210127135657j:image

 

 柱ができたら、高さ4マス目から原木で繋げていきます。

 

 

壁を作る

f:id:AiiRo:20210127140124j:image

 

 を作っていきます。こちらが入り口になります。左から2個目の間が、入り口になります。


f:id:AiiRo:20210127140118j:image

 

 を作っていきます。

 上記画像の所は、下からトウヒの木材が2マス雪ブロックを1マスその上に置いています。雪ブロックは障子(しょうじ)を表しています。良い感じでしょ?


f:id:AiiRo:20210127140115j:image

 

 横の壁は、下からトウヒの木材が1マス。あと2マスに雪ブロックを置いていきます。


f:id:AiiRo:20210127140121j:image

 

 これで、が完成しました!

 

 

屋根を作る

f:id:AiiRo:20210127140554j:image

 

 合掌造りの特徴とも言える屋根を作っていきます。

 高さ4マス目の骨組みの所に、トウヒの木材を上記画像のように置いていきます。


f:id:AiiRo:20210127140536j:image

 

 後ろの方は、置きません。1マス飛び出す形で終わりです。


f:id:AiiRo:20210127140558j:image

 

 置いていった木材の横に、トウヒの階段ブロックを置いていきます。


f:id:AiiRo:20210127140544j:image

 

 置いていった木材の上に、階段ブロックを置きます。


f:id:AiiRo:20210127140533j:image

 

 そこから、三角にしていきます。入り口側に空きスペースができるような形にします。

 (あいいろは、資源確保のため階段ブロック下の木材は回収しました)


f:id:AiiRo:20210127140551j:image

 

 最初に置いた階段ブロックと、うまく繋げていきます。


f:id:AiiRo:20210127140547j:image

 

 上記画像のように置いてください。違和感なく繋がりましたね。


f:id:AiiRo:20210127140540j:image

 

 これで、屋根の完成です!!

 

 

装飾を施す

f:id:AiiRo:20210127141140j:image

 

 屋根を作ると、三角状の空きスペースができます。これを埋めていきます。

 まず、真ん中の柱を屋根まで伸ばします。


f:id:AiiRo:20210127141137j:image

 

 次に、雪ブロックで適当に置いていきます。

 開いている所に、木材を置いていけばおっけいです。

 雪ブロックを適当といっても、四角になるように意識しましょう。そうすることで、障子っぽくなります。


f:id:AiiRo:20210127141133j:image

 

 後ろ側も同じように、作ります。


f:id:AiiRo:20210127141127j:image

 

 屋根のちょっとした所に、通気口のようなものもありますので、それも作ります。

 これの用途はよくわかりませんでした!ごめんね!


f:id:AiiRo:20210127141147j:image

 

 屋根の上斜めあたりに作れば良い感じです。

 屋根を少し壊して、木材を置いて、屋根を出すようにすればおっけいです。


f:id:AiiRo:20210127141144j:image

 

 入り口は、こんな感じです。

 出ている屋根と土台を、フェンスで支える棒のように置きましょう。


f:id:AiiRo:20210127141123j:image

 

 これで、外装は完成です!! 良い感じですね。


f:id:AiiRo:20210127141130j:image

 

 余った雪ブロックを屋根に置いてみました。

 風情がありますね。

 

 

内装を作る

f:id:AiiRo:20210127141954j:image

 

 内装も作っていきます。


f:id:AiiRo:20210127141958j:image

 

 1階は、このように作りました。焚き火を真ん中に置くことで雰囲気を作ります。職業ブロックを置いて、生活感を出してみました。

 (焚き火も、村の資源から作ったよ!)


f:id:AiiRo:20210127141947j:image

 

 2階は、こんな感じです。職業ブロックを乱立に置いていくことがポイントです。さらに、床を全て付けず、真ん中は骨組みが見えるようにしたのもポイントです。


f:id:AiiRo:20210127141951j:image

 

 2階の寝室スペースです。村人が戻ってきた時のために、置いてみました(笑)。

 

 

完成がこちら!!

f:id:AiiRo:20210127142334j:image

 

 資源を少しだけ余らして─────


f:id:AiiRo:20210127142337j:image

 

 ─────完成です!!

 

 合掌造りのような家になったのではないでしょうか!? 満足いく『和』になりました!

 

 

まとめ

 今回は雪の村を壊して合掌造りを作りました。雪ブロックを障子に見立てるというアイデアは自分で言うのもなんですがグッドポイントでした。ぜひ参考に!

 雪の村にある全ての家が、この1つの和の家へと生まれ変わったのです。満足しました。

 雪のバイオームで拠点を構えたい人は、ぜひ参考に!

 

 あっ、そうそう。逃げ出した村人が戻ってきて、今この家で住み始めてるんですよ!(ほっこり)