『ホネ男と壊れた村』 #7

 

 ────────ぎゃあああ! あっ、どうも、あいいろです。

 前回、見つけたホネ男に近づくとこんなことになりました。

 

f:id:AiiRo:20201120112551j:image

 

 ドユコト...。ほんとにリアルで叫んでしまいました(笑)。ただのスケルトンに殺されてしまうのに、三体なんてむり!

 し、しかしホネ男がほしい...動物は好きなので、なんとしてでも手に入れたい...(こいつら動物かな?)。

 近づくに近づけずに、3ホネ男と、3スケルトンは、あっちこっちに徘徊し始めました。海に落ちる勢い。

 た、戦おう...あいいろは、剣(松明)を持った。

 

f:id:AiiRo:20201120114720j:image

 

 六つの鋭い眼光が、私を刺してきました。弓の紐が、弧を描いているのがわかります。木がしなる音が聞こえました。それが、最後に聞いた音でした(笑)。

 

 f:id:AiiRo:20201120115453j:image

 ※たぶん、こんな感じで、三体のスケルトンは死体の私を馬鹿にしていたのだろう...。

 

 邪道ですが、ゾンビ戦法で殺します。村の入り口にベッドを設置し、死んで生き返ってを繰り返して、ぶっ潰します。

 私の破壊の邪魔をするやつを許すわけないだろぉお!! (近づいたのはおまえ)。

 

f:id:AiiRo:20201120120035j:image

 

 死闘の末、どうにかホネ男と仲良くなりました〜。

 ホネ男と仲良くなったところで、村の破壊を続けていきます。破壊の作業で、時間が結構かかるため、この場をお借りしてみなさんの疑問に答えよう。

 疑問というのは、こいつはどうして村を破壊しているのか。はい、ゲーム進行において、この行為は全く意味を持ちません(笑)。

 みなさんが、Minecraftを始めるのであれば、村は壊さず拠点にしてしまうのが、楽で手っ取り早いです(笑)。

 

 さあ、いよいよ大詰めです。もう村は、原形を留めていません。あるのは、中途半端に設置された道のみです。

 

 ─────さあ! これで終わりだーっ!

 

f:id:AiiRo:20201123082751j:image

 

 どーんっ! 見てください、綺麗さっぱりになりましたね。あるべき姿に戻ったので、私は満足しましたよ...私はそろそろ過労で死にそうなので、ここらで退散しましょう。

 

 ではっ、また次回にお会いしましょう。